外資1年目の教科書

著者:福留浩太郎

1,540円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    JPモルガン証券、ドイツ証券などで営業部門責任者を務めた著者が教える「これから外資系企業で働く人に知っておいてほしいこと」。すでに働いている人や、外資系企業を目指す人にもおすすめの一冊。

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/12Posted by ブクログ

      外資金融の最前線で15年勤務した経験を持つ著者による初の著書。外資で働く人、外資で働いている人、外資で働きたい人に向けて、著者が経験とその教訓を書いている。
      カバーの返しに「外資も日本企業も仕事で大切...

      続きを読む
    • 2016/06/11Posted by ブクログ

      グローバル人材の定義については勉強になった。グローバルとローカルは密接に関係している。ローカルの特性を理解し、グローバルビジネスと結びつける力が求められている。

    • 2016/02/24Posted by ブクログ

      日系銀行と外資系証券を渡り歩きマネージャークラスを歴任した著者による、両社の性格の違いをまとめたもの。

      1年目のぺーぺーに向けた文体でああしろこうしろという書き方自体はわかりやすく、内容もためにはな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード