JR崩壊 なぜ連続事故は起こったのか?

著者:梅原淳

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    相次ぐJR北海道の事故・不祥事を招いたものは何か?背景にあるいわゆる「JR三島会社」の経営難や、国鉄民営化の際の見通しの甘さを踏まえ、その構造的問題を指摘する。

    続きを読む

    レビュー

    2.6
    5
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      民営化の中ですべてがうまく行ったわけではないことがよくわかる一冊。特にJR北海道含む三島各社と貨物の状況はなお厳しい。べき論だけで片付く話ではないことを認識しつつ、鉄道事業の存在意義を再認識するべき時...

      続きを読む
    • 2016/09/17Posted by ブクログ

      久々に質の低い本を読んでしまったなーと。既存のレビューとも重複しますが、下記の点が問題。

      ①看板に偽りあり
      『JR崩壊』と言っているが、JR北海道のことしか書いていない。冒頭で、JR北海道の問題は他...

      続きを読む
    • 2015/11/12Posted by ブクログ

      まとめた記事としては良いと思う。タイトルを「JR北海道崩壊」にしなかった点が他の方の評価に影響を与えているような。

    開く

    セーフモード