【最新刊】バイオレットの封印 【闇の使徒たち I】

バイオレットの封印

マギー・シェイン 翻訳:新号友子

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    医師メイジーは見知らぬ老婦人から甥の治療を頼まれ、荒れはてた屋敷を訪れた。ぎこちなく笑う老婦人の夫。急にいばりちらす老婦人。二人の息子だというが、武器を手放さない若者。どこか不自然で芝居めいた一家の様子に、メイジーは不安を覚える。でも、医者として病人を見捨てるわけにはいかない。ベッドに横たわる男性の整った顔立ちを目にし、彼女ははっとした。まさかあの天才経済学者、ミスター・イングラム?男性がふいに青い瞳をあけ、訴えるようにまぶたを震わせた。なんてこと!彼はベッドに縛りつけられている!その瞬間、後ろで重い扉がしまり、錠のかかる音が響いた。

    続きを読む

    レビュー

    レビューコメント
    • 1巻

      拉致監禁&薬漬けにされたヒーロー。精神科の医師で往診を依頼され事件に巻き込まれたヒロイン。読み始めてからシリーズものの第一巻だと気づいた。ヒーローを拉致したのは大きな組織と思われるけどよく分からない。...

      続きを読む
    • 1巻

      闇の使者たち1作目。老婆を助けようとしたところを拉致監禁された大学教授ヒーローと、カルト信者の家族の洗脳を解くという名目でヒーローを診断に来た精神科医のヒロイン。薬が抜け始めたヒーローの告白で、外見は...

      続きを読む
    • 1巻

      精神科医のメイジーと、大学教授のザック。 カルト教団から救出した甥の、診断を依頼され面談するが、何かが惜しい。 徐々に、薬の影響から回復すると拉致され 監禁されていた事が解る。 大学教授と精神科...

      続きを読む

    セーフモード