【最新刊】論理的に考え、書く力

論理的に考え、書く力

1冊

芳沢光雄

726円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    現在、大学入試改革が検討されている。目指す方向は、論述式の試験を廃止して、マークシート形式の試験とAO(自己推薦)入試だけにするというものである。しかし、この方向は、「感情優先」の学生を大量に生み、これからの時代に必要な「論理的に考え、書く力」を奪ってきた。なぜ、時代と逆行するような教育が目指されているのか。本書では、消費増税、経済成長率など、新鮮な題材を用いて「現代に必須の能力」を考える。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/20
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    2.8
    10
    5
    1
    4
    1
    3
    4
    2
    3
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/05/29Posted by ブクログ

       数学、算数は論理的に考える力をつけるとよく言う。そしてその論理的とはどんな人にもわかりやすく説明ができることだともいう。

       だが、自分には数学の照明を理路整然に解読することができない。この到って単...

      続きを読む
    • 2018/11/18Posted by ブクログ

      新聞の読書欄で佐藤優が取り上げていたので手にした一冊。
      国語の重要性を説く数学者という意味では、藤原正彦と同じスタンス。藤原正彦の主張の多くに共感しているワタシとしては、本書の主張についてもウンウンと...

      続きを読む
    • 2018/08/05Posted by ブクログ

      佐藤優が勧めていたため、本書を読んだ。
      芳沢氏の著書は何冊か読んだことがあるが、内容的に浅いものが多く心配であったが、案の定本書も深い内容ではなかった。
      本と映画とラーメンは他人の勧めに乗ってはいけな...

      続きを読む
    開く

    セーフモード