『カラマーゾフの兄弟』続編を空想する

亀山郁夫

770円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    世界最大の文学は未完だった。もし「第二の小説」がありえたら、ドストエフスキーは何をそこに描いたか?作家の精神と思想をたどり、空想する、新しい文学の試みである。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード