【最新刊】漢文の素養~誰が日本文化をつくったのか?~

漢文の素養~誰が日本文化をつくったのか?~

1冊

加藤徹

704円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    かつて漢文は政治・外交にも利用された日本人の教養の大動脈だった。古代からの日本をその「漢文」からひもとき、この国のかたちがどのように築かれてきたのかを明らかにする。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/20
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.9
    11
    5
    3
    4
    5
    3
    2
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/10/01Posted by ブクログ

      著者は、
      (以下引用)
      十九世紀までの漢字文化圏で、強力な中流実務階級が育っていたのは、日本だけだった。
      武士道的な行動倫理と、漢文的教養、そして「やまとだましい」という三点セットが、近代国家におしあ...

      続きを読む
    • 2016/06/09Posted by ブクログ

      「漢文」について書かれているが、日本の歴史に沿っているので、とても読みやすかった。漢文なしに日本文化は成立し得なかったことがよくわかった。しっかり勉強しよう。

    • 2015/06/07Posted by ブクログ

      3年前から中国語の勉強を始めました。動機は色々あったのですが、勉強を始めてから気づいた面白さの一つに、漢詩があります。

      外資系勤務なので中国の北京や上海オフィスの同僚と話すことも多いのですが、彼らの...

      続きを読む
    開く

    セーフモード