「表現の自由」の社会学 : 差別的表現と管理社会をめぐる分析

著:伊藤高史

2,808円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

童話『ちびくろさんぼ』絶版問題と筒井康隆著『無人警察』教科書掲載問題に関わる、差別的表現を巡る論争などをとりあげ、「表現の自由」という「概念」がどのように「機能」したのかを問題にする。主に法律学の観点から論じられてきた「表現の自由」の問題を、社会学的な観点からアプローチ。マスメディアの発達した社会にあって、国家/社会/マスメディア/個人、という関連の中でこれらの問題をとらえることは、今日の政治社会そのものを考察することである。序章:「表現の自由」への新たなアプローチを目指して第1章:「表現の自由」と人権および社会秩序第2章:差別的表現規制と「表現の自由」の共和主義的理解について第3章:公的領域としての思想の市場と管理社会論第4章:知識社会学・イデオロギー研究と言説分析第5章:アルチュセールの徴候的読解とディスクール分析第6章:筒井康隆「無人警察」論争―「表現の自由」の空洞化第7章:『ちびくろさんぼ』の絶版―「表現の自由」の揺らぎ第8章:人間の複数性と「表現の自由」第9章:「表現の自由」の保守的価値※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード