ジェンダーの視点からみた白樺派の文学 志賀、有島、武者小路を中心として

著:石井三恵

2,640円(税込)
1%獲得

26pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    志賀直哉の『暗夜行路』、有島武郎『或る女』、武者小路実篤『友情』を中心に、近代文学の中でも大正から昭和初めにかけてデモクラシーとコスモポリタンをめざした白樺派の作家・作品を、現代のジェンダーの視点から論じた評論集。<まえがき><序章>第一節大正文学と白樺派第二節『白樺』同人とその作品第三節ヒューマニズムに対峙したニヒリズムを演じた『白樺』同人第四節ジェンダーの視点からみる白樺派の文学<第一章ジェンダーの視点からみた志賀直哉『暗夜行路』>第一節謙作を取り巻く女性たちの分類第二節謙作の価値観のなかに生きる女性第三節ジェンダーの視点からみた謙作の変貌<第二章ジェンダーの視点からみた有島武郎『或る女』>第一節視覚的コミュニケーションによる構造第二節葉子を取り巻く男性登場人物にみられる特性第三節ジェンダーの視点からみた葉子像<第三章ジェンダーの視点からみた武者小路実篤『友情』>第一節鼎座に位置した登場人物の関係性第二節ジェンダーの視点からみた登場人物<おわりに><参考文献><あとがき>※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード