ザクセン封建地代償却史研究

著:松尾展成

2,860円(税込)
1%獲得

28pt(1%)内訳を見る

    19世紀に封建制(封建地代)が廃止されたのは、東部ドイツでは土地割譲によってであるが、ザクセンでは償却(貨幣支払)によってであった。しかし、償却の具体的事実はほとんど明らかにされていない。本書は3所領の根本資料に基づいて解明を試みる。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード