苦悩に満ちた宮廷画家 : 郎世寧による異文化の受容と変貌

著:王凱

1,836円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

清王朝の康煕・雍正・乾隆三帝に仕えたイタリア人の清朝宮廷画家ジュゼッペ・カスティリオーネの絵画を比較文化的・比較芸術学的な視点から絵画の寓意を解明し、そして、各国における彼の作品の現存状態を徹底的に考察した。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード