住まいを読む-現代日本住居論-

著:鈴木成文 編:建築思潮研究所

2,200円(税込)
1%獲得

22pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    住居は、時代の社会的条件と、人々の生活要求と意識の変化に応じて、型を生み変容してきた。日本の住まいは第二次世界大戦以降大きな変化を遂げ、今日多様な住居が存在する。現代住居の底流をなす日本の住生活の文化と、住居を変動させる力とは何かを解読する。住居計画学グループによる共同研究の集成。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    0
    0
    5
    0
    4
    0
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/02/17Posted by ブクログ

      現代日本住居の系譜
      地域性と階層性
      環境の中の住まい―農村住宅
      高密度居住のしくみ―漁村住宅
      町なみをつくる住まい―町家
      開放性と混在―下町の住まい
      近代化の過程―中廊下型住宅
      住まいの商品化―都市L...

      続きを読む

    セーフモード