改訂 大阪大空襲 大阪が壊滅した日

著:小山仁示

1,836円(税込)
1%獲得

18pt(1%)内訳を見る

    太平洋戦争末期、米軍による大阪空襲の全容(初期空襲から終戦前日の最後の大空襲に至るまで)を、米軍資料や大阪府警察局にあった極秘文書等の新発見の資料をつきあわせ、被災者の証言等も加えて初めて解明する。地名と施設名の索引を付す。口絵写真8ページ、巻末に大阪大空襲一覧表。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード