れいぞうこのなつやすみ

作:村上しいこ 絵:長谷川義史

800円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    夏のある日曜日、れいぞうこが壊れてしまった。お父ちゃんはれいぞうこのビールが冷えていないと大騒ぎ。ぼくが駆けつけると、アイスは溶けてアイス汁に変わっていた。れいぞうこに変なものを入れたからだとお父ちゃんとお母ちゃんが言い争ってる。お父ちゃんが、れいぞうこを点検していると、突然れいぞうこに目と鼻と口ができて、しゃべりだした。そして夏休みをもらってプールに行きたいと言い出したから驚いた。ぼくとお父ちゃんとお母ちゃんは、仕方なくプールに連れて行くことにした。しかも、水着まで着たいというから、世話がかかる。ようやくプールに着いたけど、実はぼく泳げない。プールにはいじめっこが来ていて、ぼくはプールに落とされた。れいぞうこに助けを求めても、れいぞうこはいじめっこを追いかけてばかり。そして、れいぞうこは何と、いじめっこを食べてしまった!関西弁の小気味よい文章と大胆で愉快なイラストが笑える幼年童話。

    続きを読む

    レビュー

    4
    18
    5
    6
    4
    6
    3
    6
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2017/07/01Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2016/03/03Posted by ブクログ

      [墨田区図書館]

      同シリーズの「テレビのずるやすみ」から知って借りてきた本。執筆順とは違うんだろうけど、とりあえず休みの順(春~冬)に読んでみようかな、と揃えてみたうちの一冊。このシリーズが、「読む...

      続きを読む
    • 2015/04/01Posted by ブクログ

      自宅にある冷蔵庫が動かない(≧∇≦)
      他や足がはえてきてしゃべりだした。なんと夏休みがほしいんだって‼︎

      小学校の読み聞かせでであった本。挿絵がかわいらしくて、字が大きくて軽快な関西弁の会話がテンポ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード