ランドセルのはるやすみ

作:村上しいこ 絵:長谷川義史

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

朝からわが家は大騒ぎ。「遠足いっしょにつれてって」とダダをこねているのは、おとうちゃん。すると、「わたしも遠足につれていってくれませんか」と、声がした。まわりを見渡してみると、ぼくのランドセルに手と足がはえて、目と鼻と口もついていた。ランドセルは「春休み」をとって、学校の遠足に一緒に行きたいといいだした。おとうちゃんとランドセルのけんかが始まった。だけど、おかあちゃんの一言でランドセルも一緒に行くことになった。学校からバスに乗って『りゅうせん山』に向かった。ランドセルは頭がよくてみんなの人気者。お昼ごはんになると、どんどん周りに女の子たちが集まってきた。すると、いじめっこもやってきて、ななちゃんのぼうしをとって逃げた。ところが、ぼうしはトビにもっていかれてしまった。そこで、ランドセルは取り返すために、木に登って……。テンポのよい関西弁と、ユーモアいっぱいの絵が楽しい幼年童話。

続きを読む

レビュー

4
4
5
2
4
0
3
2
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2019/02/06Posted by ブクログ

    子どもよりもお父さんのほうが、ぜんぜんしっかりしていなくて、お母さんにおこられていたところが、おもしろかったです。

  • 2016/03/03Posted by ブクログ

    [墨田区図書館]

    同シリーズの「テレビのずるやすみ」から知って借りてきた本。執筆順とは違うんだろうけど、とりあえず休みの順(春~冬)に読んでみようかな、と揃えた一冊目。夜寝るときにとりあえず次の「そ...

    続きを読む
  • 2010/11/15Posted by ブクログ

    ランドセルのはるやすみという題名を見た時、学校が春休みの間のお話なのかなと思った。お父さんが駄々こねてるのが面白かった。

開く

セーフモード