ぼくのおふろ

作・絵:鈴木のりたけ

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

    おふろがわいた、ゆがわいた。パンツをぬいで、さあはいろう。でも、まいにちまいにちおんなじおふろ。たまにはちがうおふろにはいりたい。たとえば、ながいおふろはどうだろう?はしまでいってもどってくれば、すっかりからだもあったまる。めいろのおふろはたのしそう。でも、まよっちゃったらのぼせるよ。シーソーぶろ、プリンぶろに、にんじゃぶろ……こんなおふろもあったらいいな。ひこうきずきのにいちゃんは、そらとぶおふろのパイロット。そらとぶおふろで、よぞらへむかってテイクオフ。あれあれ、おふろのせんが、ぬけてるぞ!このままじゃ、おふろがついらくしちゃう。おふろのせんをぬすんだ「アフロ」をさがして!主人公の男の子がユニークなおふろを考えだして、空の旅へとでかけます。『しごとば』『続・しごとば』で大人気の鈴木のりたけ氏が描く、奇想天外なおふろの絵本。緻密なイラストで、細部の描画が楽しめます。

    続きを読む

    レビュー

    4.2
    24
    5
    13
    4
    4
    3
    7
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/10/11Posted by ブクログ

      超超おふろ嫌いな息子へ。表紙裏から夢いっぱいのおふろがたくさん載っていて、物語が始まる前から夢中になっていました。もじゃもじゃのあたまでサングラスの犯人を探すページでは、いとも簡単に犯人を探し当てる息...

      続きを読む
    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      6歳の娘が寝る前につっかえながらも読んでくれれた。私も好きだよ鈴木のりたけ氏。絵も味があるしね。色々なお風呂が出てくる話、絵の中の犯人を探しながら進んでいく話で、子供も楽しく読めそう。

    • 2019/06/02Posted by ブクログ

      バカ受け。面白お風呂を堪能したら。お次はもじゃもじゃ頭探しにも熱が入る。現在飽きることなく、ミッケ的絵本として機能。

    開く

    セーフモード