ぱんぷくりん 鶴之巻

文:宮部みゆき 絵:黒鉄ヒロシ

950円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。宮部みゆき初めての絵本!「宝船」「招き猫」「竜」など、縁起ものをテーマにした心和む物語に人気漫画家・黒鉄ヒロシが描く、1話ごとにタッチが変わる微笑ましいイラスト。ちょっぴり疲れ気味な気分もいつのまにか晴ればれ、「福々気分」「幸せ気分」にしてくれる大人向け絵本です。<鶴之巻>には、ときどき宝船がテンプクするのはなぜ?…「宝船のテンプク」、誰も感謝してくれないので日本中の招き猫はそろって温泉に行ってしまいました…「招き猫の肩こり」、神社とけんかした鳥居は引越しを。さてどこへ…「鳥居の引越し」の3話。巻末には「ぱんぷくりんポストカード」のおまけ付き。著者2人からの心温まる贈りものです。プレゼントにも最適!

    続きを読む

    レビュー

    3
    1
    5
    0
    4
    0
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2010/10/22Posted by ブクログ

      宮部さんってこんな絵本も出しておられたんですね。文庫の新刊のお知らせに興味をそそられ読んでみました。宝船のテンプク、招き猫の肩こり、鳥居の引越し、など、優しくて温かい、そしてオチでクスっと笑わせられる...

      続きを読む
    • 2004/11/10Posted by ブクログ

      第1話「宝船のテンプク」…七人の神様が乗った宝船はときどき、テンプク!するんだそうです。それはなぜ? それは助けてくれた人に幸せをあたえるためなのだそうです。第2話「招き猫の肩こり」…日本中の招き猫は...

      続きを読む

    セーフモード