そらとぶパン

作・絵:深見春夫

1,100円(税込)
1%獲得

11pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ある日、列車の形をしたパンが駅に到着しました。子どもたちが大喜びで乗り込むと……パンはフワリと空へ浮かびあがりました。みんなを乗せたパンは、大きな雲の中に入っていきました。中は、パンでできた夢の国でした。すると、その国の人たちは、みんなに変わった形のパンを、たくさんご馳走してくれました。みんなはおいしいパンをお腹一杯食べることができました。それから、みんなでパンの国を散歩していると、突然怪獣が現れ、一人残らず食べられてしまいました。みんなは、お腹の中からトンネルを掘って脱出しました。お腹に穴が空いてしまった怪獣は、ワンワン泣きだしてしまいました。反省した怪獣のお腹に、パンを詰めてあげると、お礼に、とっておきのおいしいパンをくれました。そらとぶパンの楽しい冒険が、画面いっぱいに展開されます。子どもが大好きなパンが続々登場する絵本です。

    続きを読む

    レビュー

    4.1
    12
    5
    5
    4
    5
    3
    1
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/05/10Posted by ブクログ

      パンの電車。パンの国。わりと残酷な怪獣のこらしめかた・・・。ふんわりした絵本でした。(2歳10ヶ月)

    • 2017/01/08Posted by ブクログ

      3歳6ヶ月の長男。
      最初にトンネルからパンが出てきて、ニヤリ!
      そして対向列車とぶつかると見せかけて、空を飛ぶシーンで大喜びでした。
      男の子は電車が好きなのはもちろんのこと、うちの長男は、パン屋さんに...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2016/12/30Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード