10ぴきのかえる ざんざんやまへ

作:間所ひさこ 絵:仲川道子

1,000円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

大人気「10ぴきのかえる」の最新作。何日も日照りが続き、草も木もどじょうじいさんも元気がありません。何かいい方法はないかと、10ぴきのかえるが考えていると、“としよりがえる”がざんざんやまに伝わる、雨乞いの記録を持ってきました。それを見たかえるたちは、早速ざんざんやまへ出発しました。ざんざんやまへ向かう途中、先頭を歩いていた“かんがえる”がすなじごくに落ちてしまいました。他のみんなも助けようとするのですが、一緒にすなじごくに引き込まれてしまいました。さすがの10ぴきも、もうだめかと思った瞬間、そこに一本の枯れ枝を発見。つかまってよじ登ってみると、それは枯れ枝ではなく、へびのしっぽでした!でも、今日のへびは日照りのせいで元気がなく、襲ってきません。やっとのことでざんざんやまに到着したかえるたち。巻物を広げ、雨乞いの歌を歌うと……?明るく元気いっぱいの10ぴきのかえるたちが大活躍します!

続きを読む

レビュー

3.6
3
5
0
4
2
3
1
2
0
1
0
レビュー投稿
  • ネタバレ
    2019/07/17Posted by ブクログ

    この内容にはネタバレが含まれています
  • 2013/08/15Posted by ブクログ

    自分で選んだ本。
    「今度山にのぼるからこれ借りたんだ」と言っていた。
    自分なりに考えて借りててすごいな。
    内容は、山登りというより雨乞いの話だったけど、
    楽しく読んでた。

  • 2010/10/01Posted by ブクログ

    雨が降らなくて干上がってしまったので、100年振りにざんざんやまへ、勇士なかえるがざんざんやまへ雨乞いに。「あめ、あめ、ふれ、ふれ、ふってけろ…」が、口から離れません。

セーフモード