白鳥異伝[上]

著:荻原規子

647円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    双子のように育った遠子と小倶那。だが小倶那は〈大蛇の剣〉の主となり、勾玉を守る遠子の郷を焼き滅ぼしてしまう。「小倶那はタケルじゃ。忌むべきものじゃ。剣が発動するかぎり、豊葦原のさだめはゆがみ続ける…」大巫女の託宣に、遠子がかためた決意とは…?ヤマトタケル伝説を下敷きに織り上げられた、壮大なファンタジーが幕を開ける!日本のファンタジーの金字塔「勾玉三部作」第二巻。

    続きを読む

    レビュー

    4.3
    43
    5
    22
    4
    16
    3
    5
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/07/20Posted by ブクログ

      始まりは気の強い遠子と気の弱い小倶那だったけど、話が進むにつれて変わっていく。その様が面白かった。
      さあ、これからどうなるのか??
      下巻への期待が膨らむ終わり方。

    • 2019/07/07Posted by ブクログ

      大和創設の空色勾玉に続いて、今度は日本武尊の白鳥異伝。
      死して白鳥になって空に飛び立った伝説を持つ日本武尊だからタイトルから予想はできたが、古事記の神話をよくぞ膨らませて楽しいファンタジーにしてくれま...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/09/26Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード