中国・韓国が死んでも教えない近現代史

著:黄文雄

649円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「正しい歴史認識」を振りかざし、常に日本に対し反省を求め続ける中国と韓国。だがそれらは両国の独善と捏造に満ちていた。日韓併合から中国侵略まで、不当に貶められてきた日本の過去を再点検し、歴史の真実を明らかにする!

    続きを読む

    レビュー

    3.1
    7
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • ネタバレ
      2013/11/16Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/05/28Posted by ブクログ

      明治維新以降の対列強という状況下で日本の取った行動の正当性や本来されるべき評価、中韓の主張の無根拠さを説いた本。日本の近現代史は敗者の立場に立たされた歴史だと思う。敗者なりの理屈はある。ただそれは今の...

      続きを読む
    • 2012/12/13Posted by ブクログ

      大規模な反日デモ、連日の報道。そんなときに読みました。
      著者が台湾の人なのも興味深く。

      えー、なんなんだ、もうっ!本当に!!(怒)
      ・・・が感想。
      ODA、もう十分だから!と思う。

      三国志、その他...

      続きを読む
    開く

    セーフモード