ゼロの血統 南京の空中戦艦

著:夏見正隆

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

    攻撃目標、蒋介石率いる国民党軍の本拠地・南京城。出撃、午前三時半。帝国海軍パイロットの鏡龍之介に極秘命令が下った。荒天下、南京に向かう龍之介たちを待ち受けるはアメリカ義勇航空軍の凄腕戦闘機乗り。さらに雲中には、ドイツ軍事顧問団が密かに用意した決戦兵器が。激烈な空戦の末、南京城に迷い込んだ龍之介は、恐るべき謀略が進んでいることを知る。そしてあの少女との再会が…?(航空アクション・書下し)

    続きを読む

    レビュー

    4
    2
    5
    0
    4
    2
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/02/28Posted by ブクログ

      スクランブルシリーズにつながるこのシリーズは、
      時代の流れも感じさせてくれ、とても読み応えのある
      作品だと思います。
      早く続きが読みたいです!

    • 2016/07/11Posted by ブクログ

      鏡龍之介の冒険譚の第3章。シェンノート大佐率いる中国国民党傭兵飛行隊との激しい空戦の末、3機の敵機を討ち果たしたもののジェンノートとの壮絶な一騎打ちの末シェンノートを不時着させるものの自らも帰途中に不...

      続きを読む

    セーフモード