モダンのクールダウン

著:稲葉振一郎

1,900円(税込)
1%獲得

19pt(1%)内訳を見る

    モダンとポストモダンを通過した私たちにとって、「リアリティ」「公共性」とは何か?東浩紀の動物化論、大塚英志の物語消費論を導きの糸として、文学、SF、萌え、そしてアレントやデリダも参照して、時代の「お約束」について考える。

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード