物語 数学の歴史 正しさへの挑戦

著:加藤文元

968円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。古代バビロニアで粘土板に二次方程式の解法が刻まれてから四千年、多くの人々の情熱と天才、努力と葛藤によって、人類は壮大な数学の世界を見出した。通約不可能性、円周率、微積分、非ユークリッド幾何、集合論-それぞれの発見やパラダイムシフトは、数学史全体の中でどのような意味を持ち、どのような発展をもたらしたのか。歴史の大きなうねりを一望しつつ、和算の成果や19世紀以降の展開についても充実させた数学史決定版。

    続きを読む

    レビュー

    3.6
    10
    5
    1
    4
    5
    3
    3
    2
    1
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/07Posted by ブクログ

      古代からの東西の数学の歴史を、「体型構築」や「感性」の観点で解説する。非ユークリッド幾何学の意義に関する理解が深まったし、リーマンのことを学びたくなる。日本の数学のことも少し知れた。もっと勉強すればさ...

      続きを読む
    • 2019/02/19Posted by ブクログ

      数学するということが、そもそも、どういうものであるかというところから始めているのが素晴らしかった。

      割り算が、文明によって、異なる処理のされかたをしているのが興味深い。特に、ユークリッドの互除法が割...

      続きを読む
    • 2018/11/26Posted by ブクログ

      紀元前のユークリッド「原論」やアルキメデスからフェルマーや現代の研究者までの数学の歴史について記したもの。簡潔にまとめられているが、素人には内容が難しい。特に近代の数学の理論は理解できなかった。印象的...

      続きを読む
    開く

    セーフモード