丸山眞男の時代 大学・知識人・ジャーナリズム

著:竹内洋

928円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    戦後の市民による政治参加に圧倒的な支配力を及ぼした丸山眞男。そのカリスマ的な存在感の背景には、意外なことに、戦前、東大法学部の助手時代に体験した、右翼によるヒステリックな恫喝というトラウマがあった。本書は、六〇年安保を思想的に指導したものの、六〇年後半には学生から背を向けられる栄光と挫折の遍歴をたどり、丸山がその後のアカデミズムとジャーナリズムに与えた影響を検証する。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    10
    5
    1
    4
    6
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/07/12Posted by ブクログ

      本書のいうとおり、戦後左翼にとって幻滅しつつあった共産主義に代わる器が丸山眞男だったとすれば、ものすごい影響力を持つ人物だったのだと思う。いま丸山眞男の評論を読んでも深く感じるところがないので、かつて...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2015/09/24Posted by ブクログ

      「普遍的知識人」としての丸山眞男の思想史的な位置を、戦中から戦後にかけての日本社会における文化資本をめぐる状況の推移のなかで検討しています。

      前半は、狂信的な国家主義者として知られる蓑田胸喜について...

      続きを読む
    開く

    セーフモード