能力構築競争 日本の自動車産業はなぜ強いのか

著:藤本隆宏

1,056円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本の自動車産業は、製品の品質、世界市場でのシェアなど現在も世界トップレベルにある。またカンバン方式、TQCなど日本発の生産システムが「グローバルスタンダード」となっている。これほど国際競争力があるのはなぜなのか。その強さの秘密に、企業が生産・開発現場で総合的な実力を競いあう「能力構築競争」という観点から迫り、長期不況下にあって自信喪失に陥っている日本企業の再生に向け、明確な指針を提示する。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    9
    5
    1
    4
    6
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/23Posted by ブクログ

      トヨタの「マニュファクチャラーとしての能力」がいかに優れているか、それがどのようにして構築されてきたのかについて非常に深い考察を重ねる。この能力は、創発的なアプローチのたまものであり、能力を構築する能...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/21Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2013/04/25Posted by ブクログ

       「日本の自動車産業は、なぜこれほどまでに強いのだろうか?」以前から、私の頭の片隅に漠然と存在していた疑問が、本書を読むことで氷解した。

      本書は、わが国の自動車産業が、国際競争でもトップレベルを維持...

      続きを読む
    開く

    セーフモード