【最新刊】入門!論理学

入門!論理学

1冊

著:野矢茂樹

814円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

最新刊を購入

カゴに追加

    論理の本質に迫る、論理学という大河の最初の一滴を探る冒険の旅!あくまでも日常の言葉を素材にして、ユーモアあふれる軽快な文章で説き明かされていく。楽しみ、笑いながらも、著者とともに考えていく知的興奮。やがて、「考え、話し、書く」という実際の生活に生きている論理の仕組みが見えてくる。論理学ってなんだかむずかしそう、と思っているあなたにこそ、ぜひ読んでほしい「目からうろこ」の入門書。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/27
    連載誌/レーベル
    中公新書

    レビュー

    3.7
    65
    5
    13
    4
    23
    3
    26
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/09/15Posted by ブクログ

      演繹法ってなんだっけ?
      といつも分からなくなってしまう、つまり、演繹とは何かが分かっていない状態から、この本のおかげで少しは脱出できた気がします。

      著者の、論理学を平易に説明しようという姿勢は強く感...

      続きを読む
    • 2019/07/17Posted by ブクログ

      タイトルに「入門」とあるが、筆者が「はじめに」で述べているように、本書は基礎以上の内容になっている。だから、結構難しい。ただし、数式を使ってないので、数学が苦手な私でも理解できた。この本のお陰で論理学...

      続きを読む
    • 2018/10/09Posted by ブクログ

      2006年9月25日初版

      哲学を専攻する助教授が著者。

      「記号論理学」の入門者でありながら、記号はほとんどなく、文章の積み重ねで「論理的」とはどういうことか、論理学とはどのような学問かを紹介してい...

      続きを読む
    開く

    セーフモード