東京裁判〈上〉

著:児島襄

777円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ニュールンベルク国際軍事裁判とともに歴史上前例のない戦争犯罪人を裁く極東国際軍事裁判は、戦争に敗れた日本人に何を問うたか。昭和二十一年五月三日の開廷以来二年半余、三百七十回に及ぶ公判で「平和、人道、戦争に対する罪」の名のもとに、満州事変から太平洋戦争に至る“侵略”の事実を問い、七人の絞首刑を含む二十五人全員に有罪を宣した東京裁判の全容を、厖大な公判速記録、公刊資料、関係諸国・内外関係者の取材から解明する。

    続きを読む

    レビュー

    3.8
    8
    5
    3
    4
    1
    3
    4
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/10/28Posted by ブクログ

      【由来】


      【期待したもの】

      ※「それは何か」を意識する、つまり、とりあえずの速読用か、テーマに関連していて、何を掴みたいのか、などを明確にする習慣を身につける訓練。

      【要約】


      【ノー...

      続きを読む
    • 2017/10/17Posted by ブクログ

      日本人気質には辛い裁判。報復裁判であることは当たり前だが、被告の日本人気質を巧みに利用された裁判。南京大虐殺1つとっても、日本人は局所で起こった罪の意識により全体を語らない文間を理解させる文化では、欧...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2017/01/24Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード