漱石が聴いたベートーヴェン 音楽に魅せられた文豪たち

著:瀧井敬子

820円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    ドイツ留学中にオペラの世界に魅了された森鴎外は帰国後、日本での歌劇上演を夢み、幸田露伴は最初期の女流音楽家を妹に持っていた。夏目漱石はヴァイオリンを弾く弟子寺田寅彦に誘われて奏楽堂通いをし、永井荷風はニューヨークやパリで劇場三昧の日々……。本書は、怒濤のように流入する西洋文明・西洋文化と格闘した明治期の文学者たちが、クラシック音楽にどのようにかかわったかをいきいきと描くものである。

    続きを読む

    レビュー

    3
    4
    5
    1
    4
    0
    3
    1
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2018/01/07Posted by ブクログ

      西洋から新しい文化が、次々押し寄せてきた時代。
      文豪もまた、音楽に興味を持っていた。(知識は実薙ぎ)

      しかしなぜ、藤村の章を花袋の小説の話で締めくくるのか……。

    • 2013/06/23Posted by ブクログ

      日本近代草創期の文豪たちと西洋音楽との邂逅を詳細に描いた力作。さすが中公新書と呼ぶべきクオリティー。

    • 2010/03/14Posted by ブクログ

      漱石は日本の皮肉な近代には極めて悲観的だった。日本はどんどん悪い方向に向かっている、社会の役に立たない趣味こそ人間らしい生活の証になる、と彼は考えていた。学問や文学によって趣味の大切さを説いていた。
      ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード