戦後世界経済史 自由と平等の視点から

著:猪木武徳

1,015円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

第二次大戦後の世界は、かつてない急激な変化を経験した。この六〇年を考える際、民主制と市場経済が重要なキーワードとなることは誰もが認めるところであろう。本書では、「市場化」を軸にこの半世紀を概観する。経済の政治化、グローバリゼーションの進行、所得分配の変容、世界的な統治機構の関与、そして「自由」と「平等」の相剋-市場システムがもたらした歴史的変化の本質とは何かを明らかにする。

続きを読む

レビュー

4
46
5
15
4
21
3
8
2
1
1
1
レビュー投稿
  • 2019/01/06Posted by ブクログ

    タイトルの通り、時間的には第二次大戦終戦から現在まで、空間的には米欧、日本、アジア、ソ連(ロシア)・東欧、アフリカ、南米まで全世界をカバーし、経済史を鳥瞰する試み。
    著者自身、はじめに断っているように...

    続きを読む
  • 2018/12/08Posted by ブクログ

    新書本ながら小さな文字で約380ページにわたり戦後の世界経済史について簡潔にまとめた本。戦後を10~20年ごと区切り、各地域を網羅しつつ、機械的にではなく適当なテーマを設定しつつ、わかりやすくまとめら...

    続きを読む
  • 2018/10/14Posted by ブクログ

    戦後経済史のまとめ。東側の復興についてはよう知らんかったのでありがたい。ハンガリー動乱に至る同期が政治的なモノだけでなく経済的なものもあったとは。副題の「自由と平等の視点から」は今後も重い命題

開く

セーフモード