ケネディ-「神話」と実像

著:土田宏

924円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    一九六一年、四三歳で米大統領に就任し、三年後、凶弾に倒れたジョン・F.ケネディ。名家に生まれ、海軍士官、下・上院議員として活躍し、一気に頂点に登り詰めた彼は、理想を追い求めた政治家として「神話」化されている。だがその一方で、家族、宗教、女性、病魔といった問題に常に苛まれていた。本書は、虚弱だった成長期から繙き、米ソ冷戦下、政治家としてどのように時代と対峙し、生きようとしたか、その実像を描く。

    続きを読む

    レビュー

    3
    7
    5
    1
    4
    1
    3
    3
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2015/02/25Posted by ブクログ

       ケネディファンの方向けの本でしょうか。amazonで高評価であったために手に取りましたが、ネットがあればどれも拾える情報ばかりで、あくびがでました・・・。

       ケネディ大統領はとても人気のある大統領...

      続きを読む
    • 2013/06/23Posted by ブクログ

      ケネディの業績だけでなく、彼の個人的な歴史、病弱な身体、出自なども取り上げられており、ケネディを知りたい人にとっては最良の一冊。ハルバースタムのベスト&ブライテストと併せて読むと良い。

    • 2011/07/15Posted by ブクログ

      死後、神話化されてるケネディも一人の病弱で非社交的な人間だった
      しかし、貧困などの社会問題に自ら目を向け、不正を正し現状を克服していこうとした大統領としての英断は今なお評価に値する

      タイトルの通り、...

      続きを読む
    開く

    セーフモード