ОDA(政府開発援助) 日本に何ができるか

著:渡辺利夫 著:三浦有史

799円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

ODA(政府開発援助)は、日本の対外援助の主力として、一九九三年以降世界最大規模の支出額を誇ったが、国民の不信と批判にさらされ、大幅な削減を余儀なくされている。一方、欧米諸国は同時多発テロ以降、貧困をなくす手段としてむしろODAを重視する傾向にある。開発途上国側の課題が多様化したいま、ODAはどうあるべきか。現状と課題を平易に解説しながら、日本が国際社会のなかで果たすべき役割を考察する。

続きを読む

レビュー

3.5
6
5
1
4
1
3
4
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2013/03/31Posted by ブクログ

    ODAの在り方を、日本の東アジアに対して行ってきたODAや
    アメリカや世銀の立ち位置を踏まえつつ解説し、今後を展望する一冊。
    しくみや理論による説明が多くやや難しかった印象。
    もう少し具体例やエピソー...

    続きを読む
  • 2012/06/17Posted by ブクログ

    ODAについての論点が豊富なデータと共に語られる。紐付きではないか?戦略性が、主には外交性がかけているのではないか?という疑問を見事に解決してくれ、ODAについて誤解していた自分を反省。しかしながら私...

    続きを読む
  • 2012/06/05Posted by ブクログ

    コンパクトで入門書として最適。しかし入口(ODAが必要かどうか)というところで道を違える人には物足りないかも。新版発行に期待。

開く

セーフモード