【最新刊】総門谷R 白骨篇

総門谷R

4冊

高橋克彦

660円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    失魂の仲間と殺し合う超伝奇シリーズ哀切の新展開。無残に踏み殺された聆雲(りょううん)の仇を討つべく、総門谷のある早池峰山(はやちねさん)に向かった和気諒(わけのあきら)たち。そこで出会ったのは、冥界の王によって肉体のみを甦らせられた聆雲だった。魂を失い魔童児となった仲間が、白骨女となった怨魔シバとともに諒たちを襲う。ベストセラー作家が放つ伝奇SFの傑作シリーズ、哀切の第4幕。(講談社文庫)

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/20
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    3.3
    3
    5
    0
    4
    1
    3
    2
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2019/08/03Posted by ブクログ

      このシリーズは最初はとっつきにくい印象があったものの、読み進めるうちにひきこまれてきました。
      歴史上の偉人たちをここまで好き放題に活用してしまう作品にはこれまで出会ったことがないので、不謹慎さを通りこ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2015/02/22Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2008/11/18Posted by ブクログ

      『総門谷』続編の第二弾。伝奇SF超大作、とか、言ってる場合じゃねぇ。
      前作『阿黒編』のラストでぅゎぁあアなことになってた諒と久遠が数十年の時を経てついに帰還。
      阿黒王改め怨魔王と名を変えた、じいさん及...

      続きを読む

    セーフモード