町村合併から生まれた日本近代 明治の経験

松沢裕作

1,595円(税込)
1%獲得

15pt(1%)内訳を見る

    明治七年の町村七万八〇〇〇、明治二二年の町村一万六〇〇〇弱。明治の大合併、それは新たな境界線を社会に引く試みだった。あいつぐ町村からの異議申し立て、合併後も紛争を抱える自治体……。近世の地縁的・身分的共同体というモザイク状の世界から、近代の大字-市町村-府県-国家という同心円状の世界へ。府藩県三治制、大区小区制、そして明治二二年の大合併にいたる「地方制度」の変遷をたどりながら、近代社会を問い直す。(講談社選書メチエ)

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード