【最新刊】月の裏側

月の裏側

1冊

著:恩田陸

677円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    九州の水郷都市・箭納倉。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは〈人間もどき〉の存在に気づく……。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/27
    連載誌/レーベル
    幻冬舎文庫
    出版社
    幻冬舎
    ジャンル
    ミステリー

    レビュー

    3.3
    226
    5
    24
    4
    75
    3
    95
    2
    27
    1
    5
    レビュー投稿
    • 2019/09/18Posted by ブクログ

      水路が張り巡らされたとある町で連続失踪事件が起こるが、いずれのケースも失踪者はある日ひょっこり戻ってくる。しかし失踪していた期間の記憶はない。
      これに興味を持った元教師と新聞記者、偶然里帰りした元教師...

      続きを読む
    • 2019/08/20Posted by ブクログ

      恩田陸らしいホラーとSF要素の絡み合った作品。
      『月の裏側』というタイトルとストーリーが結び付かなかったけれど、解説を読んで納得した。
      ついつい、人が消えるその事象そのものや、何者かに「盗まれる」こと...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2019/08/02Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード