裏 最強 土下座

著:板垣恵介

1,056円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    古来より伝わる究極の謝罪・土下座が、なぜか現代日本で脚光を浴び始めている。私たちは、この現象にどう向き合っていけばいいのか?その問いに敢然と立ち向かった漫画家がいる。累計5000万部のベストセラー『刃牙(バキ)』シリーズで、「本当の強さ」を追求してきた板垣恵介が辿り着いたもうひとつの闘い方──それが「土下座」だ、というのだ。誰もが究極の謝罪だと考えていた「土下座」に、とてつもない攻撃性・破壊力が秘められていることに気づいた著者が、土下座の可能性を徹底的に語りつくした。土下座についての考察、下から目線の心地よさ、そして土下座が秘める新しい魅力など、漫画家の視点で数多くの実体験を交えながら展開する。

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    4
    5
    1
    4
    1
    3
    1
    2
    0
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2014/10/21Posted by ブクログ

      土下座だけで一冊の本が書ける著者に感嘆。
      土下座の持つ、暴力性に注目しているのも目の付け所がさすが。
      自己中心的な黒土下座、純粋な思いからの白土下座。
      目指すべき土下座とは、自身の思いの強さのことなの...

      続きを読む
    • 2013/12/04Posted by ブクログ

      『土下座』一つにフォーカスした書籍。
      土下座を体系化したところは興味深いが、若干ムリがあったかな。著者自らの体験を書いた章は面白かった。

    • 2013/11/02Posted by ブクログ

      さいあく!
      土下座ブームかもしれないけど、
      こんな本を書くやつも
      (読むやつも)
      ちょっとな~・・・。

    開く

    セーフモード