ZEEBRA自伝 HIP HOP LOVE

著:ZEEBRA

1,320円(税込)
1%獲得

13pt(1%)内訳を見る

購入へ進む

カゴに追加

    すべてを曝け出した、偽りなき告白。1988年、17歳でマイクを握り、伝説のヒップホップグループ「キングギドラ」のフロントマンとして名を馳せ、1997年のソロデビュー以来、常に時代の先頭を走り続けているZEEBRAが、2008年“ラッパー20周年”のメモリアルイヤーに己の人生の全てを綴った自伝を刊行する。幼少期、ストリート、家庭、サラリーマン、ヒップホッパー。それらの軌跡は決して順風満帆ではなかった―。これは過酷な現代社会をサバイブするためのバイブルである!

    続きを読む

    レビュー

    3.2
    7
    5
    1
    4
    2
    3
    2
    2
    2
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2013/02/04Posted by ブクログ

      横井家を建て直せるかという、「家」の話題が、日本語ラップ界隈のゴシップ以上に結構強調されていて面白かった。ただ、彼が誉めている、これから来るようなアーティストの名前のほとんどはわからなかった。

      日本...

      続きを読む
    • 2012/01/15Posted by ブクログ

       日本を代表するラッパー、ZEEBRAの自伝。文章というより語り下ろしの形式。

       生い立ちから今まで、極めて赤裸々に書かれているところが正直で交換が持てる。勿論文章にされていない様々な事があるのだろ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/11/06Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く

    セーフモード