オニマル 異界犯罪捜査班 鬼と呼ばれた男

著者:田中啓文

604円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    人間業とは思えない猟奇殺人が発生。そんな中、管轄の忌戸部署にロサンゼルス市警から総髪碧眼の美貌の警部が派遣されてきた。その名はベニー芳垣。「鬼」と呼ばれる刑事・鬼丸とともに奇怪な事件を追う!

    続きを読む

    レビュー

    2.8
    8
    5
    0
    4
    2
    3
    4
    2
    1
    1
    1
    レビュー投稿
    • 2019/05/25Posted by ブクログ

      サクッと読めた。
      ホラー文庫なので殺人の描写はグロいが他は怖くはない。
      あらすじを読んだ感じは陰陽師の方が鬼を翻弄するのかなーと思ったが、鬼の方が主導権握ってましたね。
      人外が絡んでもミステリー感があ...

      続きを読む
    • 2018/03/14Posted by ブクログ

      新刊コーナーで手に取ってみたのがシリーズものだったので、一作目を古書で購入。軽く楽しめる鬼と陰陽師の刑事もの。

    • 2015/11/14Posted by ブクログ

      結構前の作品を再構成・改題したとのこと。アメリカ帰りのイケメンハイスペック警部(実は陰陽師)と、冴えない昼行灯な刑事(実は鬼)がコンビを組んで奇怪な事件を解決…な短篇集。この作家さんだけあって時々グロ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード