とある雨の日、小悪魔ビッチにせまられて

著者:午後12時の男 イラスト:山田の性活が第一

399円(税込)
1%獲得

3pt(1%)内訳を見る

    ラブホテル街のはずれでひとり暮らしをする主人公・有原翔(ありはらしょう)。今日も仕事を終え帰路についていたが、急な雨に降られホテルの前で雨宿りをすることに。すると、そこには幼い女の子の先客が。妙に大人びた話し方をする少女の口から予想だにしない言葉が飛び出した。「どうせだから、中に入りません?割り勘で」なんと彼女は26歳の高級ソープ嬢だったのだ!エッチ大好きな小悪魔ビッチの話術に負けてホテルに入る翔に、めくるめく誘惑が襲いかかる!オシリス文庫では、ライトなエッチからアブノーマルなフェチまで、過激な妄想を刺激する小説を刊行中。最新情報はレーベル公式サイト(http://hnovel.jp)へ!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード