飛鳥の怨霊の首

吉村達也

440円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    日本版ハッブル宇宙望遠鏡を目指す「飛鳥」プロジェクトの若きリーダー、天文学者の刈谷天空は、専門外の領域で「天武天皇は唐の天文学者に操られていた」と発言、物議を醸していた。その刈谷が、遷都千三百年でにぎわう奈良の南、明日香村にある「入鹿の首塚」の前で自殺!第一発見者である英光大学古代史研究会のメンバーは、刈谷のキトラ古墳にまつわる禁断の研究資料を発見した!

    続きを読む

    レビュー

    • ネタバレ
      2010/10/23Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    • 2011/01/24Posted by ブクログ

      読み始めて、嫌な予感はしてた。
      前に、歴史的背景の説明がクドすぎて挫折した、卑弥呼オタクの続編じゃん。
      相変わらず、半分ぐらいはどうでもいいような歴史のお話。
      これまでの常識を覆すような説!とかいわれ...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2011/06/19Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000209060","price":"440"}]

    セーフモード