宇宙の扉をノックする

リサ・ランドール(著)/向山信治(監訳)

2,409円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    ヒッグスの発見は新しい宇宙像解明の幕開けに過ぎない宇宙の根本的な構造について、物理学の大きなパラダイムシフトが起きようとしている。宇宙についての私たちの理解は、がらりと変わるかもしれない。LHC(大型ハドロン衝突加速器)をはじめとする世紀の実験の成果とともに、最先端の現代物理学が、宇宙の扉を開く大冒険へと読者を誘う。超対称性、余剰次元、ダークマター、ブラックホール──いま、宇宙の起源と運命の謎が、劇的に解明され始めた。ベストセラー『ワープする宇宙5次元時空の謎を解く』に続く、現代の物理学論を読み解く必読書。

    続きを読む

    レビュー

    4
    6
    5
    3
    4
    0
    3
    3
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2014/04/09Posted by ブクログ

      科学とは、科学的思考とはどういうものか、そしてその結果得られている最新の知識はどのようなものなのか、がこの本のテーマだ。
      第一部・第二部では、科学者の考える「科学とは」「科学的思考法とは」が語られてい...

      続きを読む
    • 2014/04/15Posted by ブクログ

      i believe that it has other world and another dimention. from zero to infinity. from proton on the ...

      続きを読む
    • 2014/03/24Posted by ブクログ

      厚くて重いので,持ち運びには不向きだが,内容はしっかりしている。スケールの話は目からウロコ的。
      LHCについてもよく分かる。

      2014/03/15図書館から借用;直ちに読み始め

    開く
    [{"item_id":"A000208894","price":"2409"}]

    セーフモード