【最新刊】集中講義!アメリカ現代思想 リベラリズムの冒険

集中講義!アメリカ現代思想 リベラリズムの冒険

仲正昌樹(著)

838円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    リベラリズムが分かれば現代が分かる。初の入門書!社会全体の「平等」と個人の「自由」をどう両立させるか。自由をめぐる現代的課題を解き明かす上で欠かせないのがアメリカ発のリベラリズム。ロールズからローティ、ネオコン思想まで。主要理論を時代背景とともに明快に解説し、日本をはじめ現代の思想状況にリベラリズムが与えた影響をさぐる。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/20
    連載誌/レーベル
    NHKブックス
    出版社
    NHK出版
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    • null巻2015/01/28Posted by ブクログ

      第二次世界大戦前後から9.11以降の現在に至るアメリカの政治思想の歴史を、その時々の政治的状況を顧みながら概観する。「アメリカ現代思想」と言っても、アメリカに拠点を移したヨーロッパや非西欧圏出身の思想...

      続きを読む
    • null巻2019/07/08Posted by ブクログ

      本書は、アメリカ現代思想を、ジョン・ロールズの1971年の「正義論」により打ち立てられたリベラルな政治哲学を中心にして、アメリカの政治状況と絡みつつ、各思想家、哲学者が、どのような必要にかられて自分の...

      続きを読む
    • null巻2012/06/03Posted by ブクログ

      現在の宗教を考える上で、特にアメリカにおいては政治を考えなければならなくなっている(そしてその逆も然りである)。ということで何か政治哲学に関する入門書をと思い、手を出したのがこの本である。

      僕の政治...

      続きを読む
    開く

    セーフモード