【最新刊】花舞小枝で会いましょう

花舞小枝で会いましょう
1冊

原作:鹿住槇 作画:夏乃あゆみ

648円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

    訳あって女として育てられ、普段は和装の美少女姿──。そんな天涯孤独な少年が、莫大な資産家の相続人だった!?父の代理として女装の美月(みづき)の前に現れたのは、有能な若き弁護士の波多野(はたの)。美月が男としてバイトする料理店の常連客で、なんと美月に気のある野心家なゲイ!!波多野の素顔を知る美月は、警戒と反発を募らせて…。清楚で可憐な大和撫子は、難攻不落なオトコのコ!?クラシカルな甘さが香る、現代版とりかえばや物語♪

    続きを読む

    本作品は、BL、TL、グラビア写真集などが含まれていますので、ご購入はご自身の判断と責任において行ってください。

    ページ数
    197ページ
    提供開始日
    2014/01/17
    連載誌/レーベル
    Charaコミックス
    • 次の最新刊から発売日に自動購入

      この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
      自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

    レビュー

    4.2
    4
    5
    1
    4
    3
    3
    0
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2011/05/26Posted by ブクログ

      再読。子供の頃から女の子として育てられて、変声期がくるまでは疑うことなく自分が女と思ってたとか!!それまでよくバレなかったな(笑)表紙からして、夏乃さんの絵がとってもキレイです。美月の時の和服姿も美し...

      続きを読む
    • 2009/11/17Posted by ブクログ

      ○花舞小枝で会いましょう 第1章 
      ○花舞小枝で会いましょう 第2章 
      ○花舞小枝で会いましょう 第3章 
      ○花舞小枝で会いましょう 第4章 
      ○原作書き下ろし番外編 花舞小枝に君がいる 
      ○アトガキ...

      続きを読む
    • 2009/02/02Posted by ブクログ

      絵の美しさと見覚えのある原作者名に惹かれて手にとって…ぱらぱらとめくってみたら何だかツボ!!と久々の衝動買いですw
      じっくり読んでみたらもう繊細な線とストーリの両方に、当たり籤引いた気分です。ワオ!!

    開く

    セーフモード