謎解きの醍醐味~ベストミステリー短編集~

鮎川哲也

702円(税込)
1%獲得

7pt(1%)内訳を見る

    丸高物産に勤めている曾根俊平が25歳の独身女性と情死した。曾根から、自分が「離魂病」かもしれないと相談を受けていた推理作家の杉は、その死に疑問を持ち調べ始めた――(「離魂病患者」)。短編の名手でもある鮎川哲也の傑作を集めた第2弾。鬼貫警部など有名探偵は出ないが、探偵役となる人物たちが事件の謎を見事に解く、ミステリーの醍醐味が詰まった一冊!

    続きを読む

    レビュー

    レビューはありません。

    レビュー投稿

    セーフモード