五万両の茶器~新九郎外道剣(一)~

新九郎外道剣

小杉健治

605円(税込)
1%獲得

6pt(1%)内訳を見る

「超PayPay祭キャンペーン」で獲得予定のボーナスの一部については内訳に表示されません。購入完了後PayPayアプリ取引履歴とebookjapanの購入完了メールを合わせてご確認ください。詳しくはこちら

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。また毎週金・土・日曜日にお得な施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    御蔵前片町にある札差・平戸屋の美人娘おきよが攫われた。盗賊・相模の五右衛門たちが5万両といわれる茶器を平戸屋から手に入れるためだった。盗賊からおきよを救った御家人・柴新九郎は、茶器をめぐる壮絶な争いに巻き込まれていく。人を斬るに躊躇なく、女を抱くに見境ない……まさに外道の剣客・新九郎。痛快!書下ろし時代小説シリーズ第1弾。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    歴史・時代
    • 新九郎外道剣 全 10 巻

      未購入の巻をまとめて購入

      新九郎外道剣 全 10 巻

      6,050円(税込)
      60pt獲得

    レビュー

    レビューコメント(19件)
    • 2012/10/14Posted by ブクログ

      外道に戻ると宣言した主人公ですが、やることは
      桃太郎侍なので、やはり主人公の変化が大きいですね

      ラスト!最高ですね~
      作者はココまで計算したのでしょうか?

    • 6巻2012/07/01Posted by ブクログ

      新九郎外道剣(六)

      なんだか、ターニングポイントな作品です
      岡っ引き朝吉親分の恩人の店が押し込み強盗に惨殺!
      まっとうな手立てでは相手を引っ立てられない
      ・・・悲痛な気持ちで新九郎に敵討を・・・
      ...

      続きを読む
    • 8巻2012/06/08Posted by ブクログ

      外道シリーズも8段となると
      主人公の心境にも変化がおきて、外道が
      なにやら別人に!
      甲府勤番になった新九郎もキバが抜けたか
      おとなしく任務地に向かう

      今までの手ごまが使えなくなるのだが、作者
      にはコ...

      続きを読む
    開く

    セーフモード