【最新刊】子どもの「10歳の壁」とは何か?~乗りこえるための発達心理学~

子どもの「10歳の壁」とは何か?~乗りこえるための発達心理学~

1冊

渡辺弥生

770円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    「10歳の壁」の根拠を発達心理学の視点から検証。焦らされる子育てに警鐘を鳴らしつつ、この年頃に起こる大きな変化を解説。壁を「飛躍の時」に変える見守りのポイントを紹介する。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    光文社新書
    出版社
    光文社
    ジャンル
    趣味・実用

    レビュー

    3.4
    21
    5
    3
    4
    7
    3
    8
    2
    3
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2020/03/09Posted by ブクログ

      10歳を担任しているから読んでみたけれど、それほど心に残る内容ではなかったかな。
      それを壁と捉えるか、跳び箱のような飛び越えると新しい何かを得られる障害と捉えるか、それだけの違いのような気もする。

    • 2019/06/12Posted by ブクログ

      子どもを持つ親には、やはり気になる世代です。
      どこまで、支えてあげて突き放すか難しい時期であることがよくわかる。

    • 2018/11/05Posted by ブクログ

      一般的に「10歳の壁」があると言われているが、それは一体なんなのか?という疑問に対して丁寧に答えていく。発達心理学を理解することは、子どもが10歳から中学生あたりまでの難しい時期に向き合うための一助に...

      続きを読む
    開く

    セーフモード