【最新刊】マナは海に向かう

マナは海に向かう

喜多嶋 隆

605円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

    門倉マナは漁師の祖父と2人、葉山に暮らす高校3年生。学業の傍ら、海に繰り出す日々。夏の終りのある日、1人で漁に出た祖父は戻らず、発見された船には、巨大魚との格闘の痕跡が残されていた。祖父の誇りを守るため、マナは青春を賭けた闘いに挑む!海辺の町に暮らす人々のそれぞれの人生、ダイナミックな洋上の闘い……。いくつもの魅力に溢れた海洋青春小説。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    光文社文庫
    出版社
    光文社
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    • 2013/07/15Posted by ブクログ

      ベテランの漁師だった祖父が海に消えた。
      巨大なマグロを相手にするうち、海に引きずり込まれたと推測した高校生のマナは、祖父の名誉のため、巨大マグロと対峙する決意を固める。
      卒業を控え、自分の道に迷う同級...

      続きを読む
    • 2014/03/16Posted by ブクログ

      何年ぶりかの?喜多嶋隆。大学に入る頃まで良く読んだか。湘南葉山を舞台に人の生死も織り交ぜつつ、悲しくなりすぎないように描くのが喜多嶋流。人間の心象を深く掘り下げていくわけではないが、誰もが違和感なく共...

      続きを読む
    • ネタバレ
      2014/09/05Posted by ブクログ

      この内容にはネタバレが含まれています
    開く
    [{"item_id":"A000208572","price":"605"}]

    セーフモード