乳がん患者の8割は朝、パンを食べている

幕内秀夫

1,028円(税込)
1%獲得

10pt(1%)内訳を見る

女性のガンの中で患者数がもっとも多い「乳ガン」。“食”のスペシャリストで管理栄養士の幕内秀夫氏いわく、「乳ガンほど食事の影響が大きい病気はない」という。食の欧米化が進んだ結果、スパゲティやサンドウィッチなどの“カタカナ食”やパン食が増え、乳ガン患者の8割以上が朝ごはんにパンを食べているというのだ。本書は、これまで取り沙汰されなかった乳ガンと食事の関係について焦点を当てています。

続きを読む

レビュー

レビューはありません。

レビュー投稿

セーフモード