【最新刊】志乃ちゃんは自分の名前が言えない

志乃ちゃんは自分の名前が言えない

押見修造

550円(税込)

本作品についてクーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定があります。また毎週金土日曜日にオトクな施策を実施中です。詳しくはこちらをご確認ください。

“普通になれなくてごめんなさい”ヒリヒリ青春漫画のマエストロが贈る、もどかしくて、でもそれだけじゃない、疾走焦燥ガールズ・ストーリー。“自分の名前が言えない”大島志乃。そんな彼女にも、高校に入って初めての友達が出来た。ぎこちなさ100%コミュニケーションが始まる──。いつも後から遅れて浮かぶ、ぴったりな言葉。さて、青春は不器用なヤツにも光り輝く……のか?

続きを読む
ページ数
217ページ
提供開始日
2014/01/17
出版社
太田出版
ジャンル
青年マンガ
  • 次の最新刊から発売日に自動購入

    この作品の次の最新刊を発売日に自動的に購入し、本棚にお届けします。
    自動購入の登録は後でいつでも解除できます。

レビュー

  • 2015/02/22Posted by ブクログ

    「志乃ちゃんは自分の名前が言えない」読了。
    本当に素敵な漫画でした。特別に心理描写が上手いとか表情の書き方が上手いとか、そういう上手さは特に感じなかったんだけどw、でもとても感動した。この漫画読んでる...

    続きを読む
  • 2020/05/01腐れ精薄
    幼稚園の時私もドモリが酷かった

    この子のようなあがり症ではなく、私はただのドモリだったので、本当につらかった。
    なんとかしようと必死にあがいていたのは主人公も私も一緒だった。
    周りの無理解や茶化しのようなものは私にはなく、周りも心配...

    続きを読む
  • 2014/02/04Posted by ブクログ

    大島志乃は高校の入学式前日、自己紹介の練習をしていたが、当日言葉が出てこずにクラスで笑われてしまう。
    上手く喋ることができずクラスで孤立していた志乃は、音楽好きな加代と友達になる。
    ギターは上手いが音...

    続きを読む
開く
[{"item_id":"A000208346","price":"550"}]