【最新刊】夜の靴 微笑

夜の靴 微笑
1冊

著:横光利一

918円(税込)
1%獲得

9pt(1%)内訳を見る

戦時下、畢生の大作『旅愁』を書いて東北地方の僻村に疎開していた横光利一は、そこで日本の敗戦を知る。国敗れた山河を叙し、身辺を語り、困難な己れの精神の再生を祈念しつつ綴った日記体長篇小説『夜の靴』。数学の天才の一青年に静かな共感をよせる『微笑』。時代と誠実に格闘しつつ逝った横光利一最晩年の2篇。

続きを読む
提供開始日
2013/12/13
連載誌/レーベル
講談社電子文庫

レビュー

4
1
5
0
4
1
3
0
2
0
1
0
レビュー投稿
  • 2012/01/29Posted by ブクログ

    初めての横光利一。
    夜の靴は日記形式で、あまり読まずに終わった。
    微笑は、ふと狂う/若さ のようなものが、先日読んだ小林秀雄の本とリンクしたな

  • 2011/03/20Posted by ブクログ

    微笑だけ読む。扇風機の中心から目を外した一瞬だけ見ることができる半歩先の世界。世の中は戦争が終わっても相変わらず排中律で、誰もが狂っているような中で、その世界を信じるだけで心が少し軽くなるような、願い...

    続きを読む

セーフモード