【最新刊】厄除け詩集

厄除け詩集

1冊

著:井伏鱒二

880円(税込)
1%獲得

8pt(1%)内訳を見る

    そこはかとなきおかしみに幽愁を秘めた「なだれ」「つくだ煮の小魚」「歳末閑居」「寒夜母を思ふ」等の初期詩篇。“ハナニアラシノタトヘモアルゾ「サヨナラ」ダケガ人生ダ”の名訳で知られる「勧酒」、「復愁」「静夜思」「田舎春望」等闊達自在、有情に充ちた漢詩訳。深遠な詩魂溢れる「黒い蝶」「蟻地獄(コンコンの唄)」等、魅了してやまぬ井伏鱒二の詩精神。4部構成の『厄除け詩集』。

    続きを読む
    提供開始日
    2013/12/13
    連載誌/レーベル
    講談社電子文庫
    出版社
    講談社/文芸
    ジャンル
    文芸

    レビュー

    4.4
    9
    5
    5
    4
    3
    3
    1
    2
    0
    1
    0
    レビュー投稿
    • 2017/04/09Posted by ブクログ

      ハナニアラシノタトエモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ、という有名な一節が収められているのを知り、手に取る。オリジナルではなく、于武陵「勧酒」という漢詩の自由訳だったとは初めて知る。他に、巻頭の、雪崩...

      続きを読む
    • 2012/08/10Posted by ブクログ

      漢詩の訳などが半分くらいなのですが、とても独特な訳ですごく面白いです。
      もちろん井伏鱒二さん自身の書かれた詩も味わい深いものでした。
      個人的には佃煮の魚の詩が好きです。

    • 2011/12/27Posted by ブクログ

      コノサカヅキヲ受ケテクレ/ドウゾナミナミツガシテオクレ/ハナニアラシノタトヘモアルゾ/「サヨナラ」ダケガ人生ダ

    開く

    セーフモード